男のロマン!!誰もが憧れるアメ車マッスルカーおすすめ人気車!!

未分類

今回は、男の子の誰もが一度は乗ってみたいと思ったことがあるだろうハイパフォーマンスな車!マッスルカーを5選紹介していきます!!

プロ絶賛のガラスコーティングZeus clear(ゼウスクリア)

ダッジ チャレンジャー

ダッジ・チャレンジャーは、アメリカの自動車メーカーのクライスラーがダッジブランドとして販売しているマッスルカーである。

ダッジ・チャレンジャーは、1969年に初代モデルが誕生しました。当時広がりつつあったポー二カー市場に参入すべくダッジが販売を開始しました。チャレンジャーは、人気を博し生産は1974年まで継続され累計販売台数16,5000台を記録しました。1977年2世代目が登場しました。このモデルは、三菱のギャランのOEMとして1983まで販売されました。そして、2008年現在の主力モデルでもある三代目が登場しました。このモデルは、某映画でも使われており絶大な人気を誇っています。マッスルカーと言えばこの車という方も少なくないでしょう。

ダッジ チャージャー         

ダッジ・チャージャーは、FCAがダッジブランドとして販売しているマッスルカーである。その中でも一般的な乗用車にスポーツカーのボディを搭載したスペシャリティカーである。

ダッジ・チャージャーは、1966年に初代モデルが誕生しました。このモデルは、全グレードV8気筒エンジンを搭載しておりその馬力は400馬力を超え完全停車時から100キロまで6秒台という絶大なパワーを持っていました。1982年には2世代目が 、ハッチバックモデルとして 登場しました。そして、2005年に3世代目が登場しました。このモデルは、4ドアセダンとして新たに販売しました。2011年4世代目が登場しました。2015年にはマイナーチェンジし、より大きくより低いスタイルになりました。

フォード マスタング

フォード・マスタングは、アメリカの自動車メーカーフォード・モーターが販売するマッスルカーである。

フォード・マスタングは、1964年に初代モデルが誕生しました。当時はフォード初の小型車として人気を博しました。1969年2世代目が登場し初代モデルに比べ大型化しました。1974年3世代目になると、クーペやハッチバックのモデルのモデルが誕生しました。その後4・5世代目と初代モデルを意識した様々なモデルチェンジをしました。2005年に6世代目が登場しました。このモデルでは、ドリフト仕様としての評価が高く人気でした。そして、2015年7世代目が登場しました。このモデルからエントリーモデルにはエコブーストエンジンが搭載されました。

シボレー カマロ

シボレー・カマロは、ゼネラルモーターズがシボレーブランドで販売するマッスルカーである。

シボレー・カマロは、1967年に初代モデルが誕生しました。当時はレースにも出場しており1969年SCCAトランスアメリカン・チャンピオンシップの2.5Lクラスで優勝しました。1970年に2世代目が登場しました。このモデルになると、ボディがクーペになり大型化されました。1982年に3世代目が登場しました。このモデルで初めてエンジンに燃料噴射装置が導入されました。その後4・5世代目と多くのエンジンの改良やボディの改良がおこなわれ2015年に6世代目が登場しました。このモデルでは、ボディにアルミニウムが採用され90キロ以上の軽量化や28%の剛性アップを実現しました。

カーナビなら【あとづけ屋】

シボレー コルベット

シボレー・コルベットは、カマロと同じくゼネラルモーターズがシボレーブランドで販売するマッスルカーである。

シボレー・コルベットは、1954年に、初代モデルが誕生しました。先進的なデザインがを持ちながら本格的な走りが魅力でした。1963年に、2世代目が登場し先代モデルとは相反し先鋭的なデザインになりました。1968年の3世代目では。量産車初のTバールーフのトップがバリエーションに追加されました。1983年に4世代目が登場しこれまでは先代モデルから特徴の多くを 受け継いでいたがこのモデルでは、エンジン以外のすべてが新設計になりました。1997年の5世代目では、流線的なデザインになり、内装の細かな所が変更になり快適性が向上しました。その後6・7世代目が登場し、よりエッジのきいたデザインになり2020年8世代目を販売しました。

暗い純正HIDをパワーアップして雨の日でも路面がはっきり

コメント

タイトルとURLをコピーしました