これこそアメ車!!ピックアップトラック人気おすすめ車!!

未分類

今回は、男の子の誰もが憧れる様なアメ車その中でも今回のタイトルにもあるピックアップトラックに絞って、とにかく大きい!かっこいいい!そんなフルサイズピックアップトラックを5選を紹介いたします。

アンドロイドナビ【あとづけ屋】

フォード F150

ピックアップトラックの王道ともいえるのがこのフォード・F150である。2010年5月には、1948年生産開始以降累計生産台数は、3,390万台を到達しました。年間の販売台数が世界1位にもなっており、過去には全米自動車部門で28年間、トラック部門では、31年間の全米の販売台数1位の販売実績もあります。

フォードの、Fシリーズは1948年から販売するフルサイズピックアップトラックです。1999年に、F-250以上のモデルがスーパーデューティとして独立したため、それ以降のFシリーズとは主にF-150を指します。1975年にFシリーズとしては6世代目に現在の主力モデルのF-150が登場しました。その後様々な進化を遂げたF-150ですが、2004年に登場した11世代目では、その翌年の2005年に年間売上台数が939,000台を超えトラックの年間売り上げ台数の歴代記録を更新する売り上げを誇りました。2020年に登場した14世代目では、歴代初フルEVモデル(電気自動車)が登場しました。

シボレー シルバラード

上記にもあったフルサイズピックアップトラックのフォード・Fシリーズに次いで、全米の年間売り上げの2位を誇るのがこの、シボレー・シルバラードである。見た目はかなりの迫力で、ロングホイールベースによるどっしりとした重量感でこれぞアメ車!と思わせる様なアメリカンなデザインのフロント周りが特徴的な車両である。

シボレー・シルバラードは1999年から初代モデルが誕生しましました。当初は、丸みを帯びたデザインが特徴的でした。 シボレー・シルバラードは1999年から初代モデルが誕生しましました。当初は、丸みを帯びたデザインが特徴的でした。その後、2007年に2世代目が登場しました。2世代目の登場以降、爆発的な人気を誇り2007年には、北米カー・オブ・ザ・イヤーのトラック部門を受賞しました。その翌年の2008年には、2モードハイブリッドシステムを搭載したモデルが2009年モデルとして販売されました。当時は、世界初のハイブリッドのピックアップトラックということもあり絶賛されました。2014年現在のモデルでもある3世代目が登場しました。3世代目では、前モデルとは違った現代的なデザインや他のピックアップトラックよりも燃費がいいところも魅力的です。

プロ絶賛のガラスコーティングZeus clear(ゼウスクリア)

シボレー アバランチ         

シボレー・アバランチは、アメリカの自動車メーカーGMがシボレーブランドで販売したフルサイズピックアップトラックである。アバランチは、SUVのシボレー・サバーバンをベースにリアをオープンヘッド化した車両である。アバランチの最大の特徴は、ミッドゲートと呼ばれるキャビンと荷台を仕切る可動式パネルである。リアシートを倒しリアウィンドウを外しミッドゲートを倒すことによってさらに荷室の長さを確保できる。

シボレー・アバランチは、2001年から初代モデルが誕生しました。シボレー初のフルサイズSTU(スポーツ・ユーティリティー・トラック)として販売されました。当時のグレードでは、大排気量の8.1Lエンジン搭載したものもありました。2002年には、モーター・トレンド誌のSUV・オブ・ザ・イアーを受賞しました。2006年に2世代目が登場し、2006年2月にシカゴ・オートショーでシルバラードのフェイスからサバーバンやタホと共通のフロントフェイスに変更になりました。そして2012年にアバランチの生産の終了の発表をしました。2013年モデルでは、生産の終了を記念し特別仕様車のブラックダイヤモンドエディションの設定もありました。

ダッジ ラム

ダッジ・ラムはイギリス・アメリカの自動車メーカーFCRがラムブランドとして販売するピックアップトラックである。以前はクライスラーがダッジブランドとして販売していたが、2009年からダッジから独立してラムブランドで販売している。

ダッジ・ラムは、1981年に初代モデルが誕生しました。その当時は、ラリーのレースにも出場していました。その後2世代目、3世代目、と大きくモデルチェンジを繰り返し2008年4世代目が登場しました。このモデルチェンジの最大の特徴は、長年トラックといえばリーフ式サスペンションでしたが、コイル式サスペンションになり、乗り心地や車両の安定性などが改善されました。2019年5世代目が登場しました。5世代目では、エンジンのマイルドハイブリッド化や、ボディの空力性能の向上をはじめとするさまざまな改良を受け、国産SUVにも負けない燃費を実現しました。

トヨタ タンドラ

トヨタ・タンドラは、トヨタが北米で販売するトヨタ自動車のピックアップトラックです。上質な乗り心地と快適性や日本の自動車メーカーの車両ということもありアメリカでも絶大な人気を誇っています。

トヨタ・タンドラは、2000年に初代モデルが誕生しました。日本から輸出していたT100の後継車として登場しました。T100同様に日野自動車が、開発の担当をしました。その後2007年に2世代目が登場しました。このモデルでは、他社のフルサイズピックアップトラックにも負けないものを作るためボディとエンジンを大幅に拡大しました。2007年に北米国際オートショーで、市販モデルを展示し販売しました。この頃、他社が売り上げを落とす中その迫力のあるボディと大排気量のエンジンで好調でした。

暗い純正HIDをパワーアップして雨の日でも路面がはっきり

コメント

タイトルとURLをコピーしました