今話題沸騰中!!HONDA GB350徹底解析!!

未分類

今回は、今話題沸騰中のHONDA・GB350についての様々な情報、実際乗った時の感想や購入から納車までの流れを分かりやすくご紹介いたします!!

プロ絶賛のガラスコーティングZeus clear(ゼウスクリア)

HONDA GB350とは?

HONDA・GB350は、元々インドで「ハイネス」という名称で販売されており国内モデルとして販売するにあたり「GB350」という名になりました。

GB350は、スペックだけでみると平凡にも満たない様なバイクですがライダーを魅了するひと昔前を思い出させるフォルムや70×90.5mmというロングストロークのエンジン設定により数々の大絶賛を勝ち取りました。

今現在、タイプは2種類ありGB350はスタンダードとスポーツモデルのGB350Sという設定があります。

GB350とGB350Sの違い

GB350GB350S
ヘッドライト丸形LEDヘッドライト丸形LEDヘッドライトにリング状の装飾追加
ハンドルアップハンドルローハンドル
フォークスタンダードフォークブーツ装着
サイドカバーアルミ素材の曲線を帯びたサイドカバー強化樹脂(FRP)素材の側面がフラットなサイドカバー
シートブラウン表皮のシートライディングスペースを長くとったタックロール風でレッドステッチで装飾されたシート
ステップごく自然な位置のステップスタンダードモデルよりもややバックステップよりのステップ
シフトペダル シフトアップはかかとでシフトダウンはつま先で操作可能なシフトペダルシフトアップ・ダウンをつま先のみでおこなう一般的なシフトペダル
ホイールフロント・リアともに18インチホイールフロント18インチ・リア17インチホイール
マフラーエキゾーストパイプからサイレンサーにかけてすべてメッキのマフラー エキゾーストパイプからサイレンサーにかけて マットブラックだがマフラーカバーがメッキのマフラー
外装色マットブラック・マットブルー・
メタリックレッド
メタリックブラック・メタリックグレー

GB350とGB350Sの大きな違いは外装の違いでエンジンの違いはありません。

まず一番の違いはリアホイールでスタンダードは18インチですがSになると17インチになります。この違いは、おそらく17インチの方がハイグリップタイヤが選びやすいからです。

ハンドル位置やステップ位置シートポジションがGB350とGB350Sでは全く異なるので個人的にはGB350はゆったりと乗れGB350Sはやや前傾姿勢なのでスポーティーな乗り味でした。

カーナビなら【あとづけ屋】

実際の乗り味

はじめに試乗し思ったのは、スポーツモデルの設定はありますがエンジンが単気筒ということもありそこまでガンガン回して走るようなバイクではないです。ですが、低回転域でのトルクはかなりあり走っている時も単気筒特有の鼓動感がしっかりとありとても楽しめる乗り味です。高速道路では、追い越しの際にワンテンポ遅れる感じはしますが許容範囲内という感じがしとても高速道路では走れないという程のことではなかったです。

GB350とGB350Sの主なスペック

GB350Sは

全長×全幅×全高2180×800×1105mm・2175×800×1100mm
ホイールベース1440mm
最低地上高166mm・168mm
シート高800mm
車両重量180kg・178kg
エンジン形式空冷4ストロークOHC単気筒エンジン
総排気量348cc
ボア×ストローク70×90.5mm
圧縮比9.5
最大出力15kW20ps/5500rpm
最大トルク29N・m/3000rpm
燃料タンク容量15L
変則形式5速リターン
タイヤサイズフロント100/90ー19リア130/70ー18・フロント100/90ー19リア150/70Rー17
ブレーキ形式フロント・シングルディスク リア・シングルディスク

今現在の購入から納車までの流れ

今現在、かなり売れているGB350ですが実際の納期などをショップ店員さんに聞いてみました。すると、はじめに2022年の4月までの生産分は売り切れてしまっているそうです。今GB350は、コロナの影響もあり一時受注中止しているそうで次の生産が2022年の4月だそうです。なので今購入するとなると2022年の4月に再生産されそれからその前に予約していた方の順番待ちということでした。

【純正HIDの明るさパワーアップならfcl.】

コメント

タイトルとURLをコピーしました